便利屋!名古屋市/豊田市/刈谷市等愛知県全域の引越しや片付けに伴う不用品回収/買取や草刈り伐採/家具組立/その他何でも(株)CGS豊田支店にお任せ下さい!

事例

2018/11/18

刈谷市や豊田市・名古屋市/【地球環境を守る】廃プラスチックの処分や回収

【写真は、解体に伴う倉庫の片付けで出てきた古いプラスチック容器。化学肥料が入っていましたが、容器は劣化して触れば ボロボロになりました。古いプラスチック容器気を付けましょう。】

 

地球環境を守る取り組みとして、現在、廃プラスチックの行方として政府、自治体では、リサイクルの考え方を推進しています。

 

 

適正化の取り組みとしては、

 

◆マテリアルリサイクル

プラスチックゴミを溶かしてもう一度プラスチック製品を作る方法

 

◆ケミカルリサイクル

プラスチックゴミを溶かして製品の原料として再利用する方法

 

◆サーマルリサイクル

廃プラスチックを固形燃料として利用する方法

 

があります。

 

しかし、問題は、逆にコストがかかり、一般企業としての活動には至らない事があります。補助金の助けをかりて政府の積極的なパックアップのもとに地球環境を守る大きなプロジェクトになっています。

 

また、現状として、再利用までの分別の困難さや啓蒙活動の甘さ(※弊社の見解)から、可燃ゴミや不燃ゴミとして、豊田市や刈谷市、名古屋市等の自治体のクリーンセンターで焼却処分や破砕の後、埋め立て場に運ばれる事が多い現状です。

 

一部自治体のクリーンセンターでは(※豊川市)、焼却で出る熱で風呂を沸かし市民の利用に供しているところもあります。

 

 

廃プラスチックゴミの処理に対する株式会社CGS豊田支店の取り組み

 

◎お客様から家の解体や片付け、不用品の回収をご依頼された時、徹底的な分別方式をとります。

 

【写真は、岡崎市の一般家庭ゴミの分別袋】

 

◎政府や豊田市、名古屋市、刈谷市などの自治体の廃棄物処理の指針や指導に従い、適正に処理します。

 

【弊社の許認可を受けた刈谷市クリーンセンター内。知立市の市民も利用可能です。】

 

◎片付け作業中も、プラスチョクゴミのみならず、あらゆるゴミや廃棄物を残したり、飛散させたり、こぼしたりしません。

 

~残そう子や孫に、多様な生き物が生き生きと暮らす美しい自然や地球~

 

子や孫と一緒に考えたい棄プラスチックのもっと深遠なこと

 

それは、海洋プラスチックゴミのことです。海に捨てられるプラスチックが1分間にダンプカー一杯ずつだと言われています。

 

もっと心配な事が、マイクロプラスチックの問題です。最終浄化槽の網の目さえくぐり抜け、母なる海に流れ込みます。

 

そして、それを動物性プランクトンが植物性プランクトンと間違え体内に蓄積し、小魚が食べ……やがて、人間の体に……

 

『母なる海』とか『母なる大地』とか言われる海。汚染は、未来の消滅をさえ思い起こします。

 

 

私達が訴えるまでもなく、世界の様々な所で警鐘が鳴らされています。

 

私達も今出来るところから始めたいものです。

 

家のゴミのの片付けや処分は、地球環境に配慮したゴミの片付けを推進する株式会社CGS豊田支店にお任せください。

0120-119-530

お問い合わせはこちら

株式会社CGS

株式会社CGS

住所

〒470-0331
愛知県豊田市平戸橋上井畑31-8

TEL

0120-119-530

営業時間 年中無休
24時間受け付け対応

お問い合わせはこちら

CONTACT

0120-119-530

年中無休  24時間受け付け対応 

ページの先頭へ